採用されるためのコツ

採用されるにはどのようなことをまず知っておかなくてはいけないのでしょう…。入りたい企業に採用されるためにも事前にその企業の下調べや聞かれても困らないような対応をしましょう。では、どのようにしたら採用してもらえるのかをご紹介していきます。

採用されるには短大卒と4年大卒どちらが有利?

現在、40代、50代、60代の方々の就職する世代では、女性の短大卒の割合も高く、大手有名企業でも女性の短大卒採用率が高かったといわれています。しかし、4大卒の進学率が高くなった、現代では4大卒の方が企業に採用されるには有利でしょう。一般的に、メーカー等では、採用枠で事務系、技術系と別れており、事務系の中の採用数内訳を見るとほぼ9割9分が4大卒以上を採用しているデータがあがっています。また、四季報をご覧になれば分かると思うのですが、銀行、商社等も同様の形式で採用されていることが分かります。このように、民間企業への就職を希望する場合は4大卒の方が有利であると言えるでしょう。まれに、民間企業で短大卒で入社したという話を少しは聞きますが、給与体系が4大卒と大きくことなります。昇進体型も4大卒の方が有利なため、キャリアアップはあまり期待できないかもしれません。進学した学部にもよりますが、短大では資格がとれることが多いです。例えば、保育士や、看護士、栄養士、幼稚園教諭等があげられます。経済的な事情で早く社会に出て働きたいという方は短大卒でも採用に不利なことはありません。自分の努力次第で、短期間で資格を取得し、早く社会に出てキャリアアップすることも可能でしょう。国家資格を取るメリットは、一度採用されたところを仮にやめてしまったとしてもすぐに就職先が見つかるところです。手に職を持ちたいとい、けど、勉強はあまり得意ではないという方にとっては、短大卒で就職をする方が良いかもしれません。短大卒、4大卒いずれかの卒業条件があり就職するにしても、就職活動では、在学中に一生懸命に勉強することが大事であり、活動中内定をもらうための努力が必須になります。

採用されるためにはしっかりとした対話が必要

就職のための面接において避けるべき一つの点は、自分のことを長々と話してしまうことでしょう。担当している面接官に自分のことをもっと知ってもらおうとして、つい話しすぎてしまうというのは誰にでもある傾向と言えるかもしれません。しかし、採用されるためには、長話は禁物であることを忘れないようにしましょう。就職面接において目指すべきなのは、対話によって相互に意見を確認し合うことです。その際、面接官は相互の対話を通して、応募者の意欲や業務に対する適合性などを確認していきます。それで、本当に採用してほしいと思うのであれば、面接の際には、面接官が述べる質問の真の意図をくみ取り、その質問に対する直接の答えを簡潔に述べることが望ましいとされています。もちろん、そうするためには、十分なコミュニケーション能力が求められます。例えば、面接官が「どんな点に努力してきたか」といった内容の質問をしたならば、答えるべきなのは「努力してきた」事柄だけです。それに付随して、自分はこう思ったとか結果はこうだったといった、質問の答え以外の事柄を話し始めてはなりません。簡潔にわかりやすく答えることを目指しましょう。一般に就職面接で採用か不採用かを左右する要素は、事前の準備であると言われてきました。もちろん、準備もなく面接に臨んだのでは成功することはまずないでしょう。しかし、ここで是非とも留意しておくべきことは、しっかり準備ができているということは、自分が用意してきた話を長々と行なうことではないということです。採用されるためには、面接官とのしっかりした対話ができなければならないという点を念頭に置いて就職面接に臨むようにしましょう。

採用されるためにもビジネスマナーを身につける

実際、ビジネスの場において、他人に違和感を与えるような言葉遣いや立ち振る舞いが少なからず観察されていると言われています。このようなビジネスマナーの欠如が見られることは非常に残念なことであり、大事なビジネスに直接影響を与える可能性が大きいものともなっています。そのため、企業への応募者を採用するかどうかを決定するに際して、ビジネスマナーがきちんと守られているかどうかを確認する企業は増えています。それで、自分が希望する企業に確実に採用されるようにするためにも、是非ともビジネスマナーを身につけるよう努力したいものです。もちろん、一言でビジネスマナーと言っても、非常に多くの分野があるものです。たとえば、服装や身だしなみ、挨拶や言葉遣いといった基本的な礼儀のマナーがあります。加えて、実際のビジネスの場でもいろいろなマナーが必要とされています。電話の正しい受け答え、名刺交換の際に守るべきマナー、上司や同僚などの呼び方のマナーなど、実に多岐にわたります。さらに、ビジネス文書の正しい書き方やビジネス会話の正しい仕方、上座と下座のマナーもあり、しっかり守りたいものです。また、他社との関係においても、正しいマナーを示すことが必要とされています。来客の正しい対応や他社を訪問する際のマナーという面で、顧客に対して失礼のない仕方で対応できれば、次回のビジネスチャンスへとつながることでしょう。そういった意味でも、応募者の採用にはビジネスマナーがたいへん重要な要素となるのです。さらに、採用にビジネスマナーが必要とされる別の分野として、社内でのコミュニケーションをスムーズに行なうことが関係しています。指示を正しく聞き取り、人に正確に伝えることによって円滑な業務に貢献できる人を採用したいと思うでしょう。

▼採用されるためには文系理系問わず、気になった職種の情報をしっかり調べることが大切です
プログラマー 求人

上へ戻る