採用されるためのコツ

採用されるにはどのようなことをまず知っておかなくてはいけないのでしょう…。入りたい企業に採用されるためにも事前にその企業の下調べや聞かれても困らないような対応をしましょう。では、どのようにしたら採用してもらえるのかをご紹介していきます。

採用試験で短所を聞かれたらとメイクの感じ

仕事を始めるには、まず採用試験に受かることが絶対条件です。
当たり前のことですが、この過程を無くしては仕事を始めることはできません。
採用試験は、一般的に書類選考、面接、筆記試験によりその人のことを判断します。
書類選考や筆記試験は通過したとしても、面接での受け答えを行うことは苦手な方も多いはずです。
その面接でよく聞かれる質問として、「あなたの長所と短所を教えてください」があります。
長所はすらすら応えられても、短所はなかなか答えにくいものです。
自分のことを知ってほしい、いい印象を与えたいのになぜ短所を言わなければならないのか。
短所を応えることによって、いい印象よりも悪い印象のほうが先行してしまったらと考え出したら止まらなくなります。
質問の意図として、企業側はきちんと自己分析が出来ているのか、自分と向き合えているのか、初めて会う方に対してどういう人柄なのか知りたい、などを確認するために質問を行います。
時には、企業が必要としている人材なのかを知るために聞かれる場合もあります。
そのため嘘や作り話をする必要はありませんが、正直に応えることで逆にいい印象を与えられるかもしれません。
しかし、ストレートに伝えるのではなく、一工夫をして伝えたほうが聞こえがよくなる場合もあるので考えて応えるようにしましょう。
また、女性は面接でメイクや髪形も見られています。
基本的に、濃いメイクは避けてナチュラルメイクを心がけるようにしましょう。
ナチュラルとは、清潔感があり自分に似合うメイクのことであり、すっぴんに近いものとは異なりますので、薄すぎるメイクにも注意をしましょう。
面接は緊張するものですが、いかに自分のことを伝えられるかが鍵となりますので、相手に自分の何を知ってほしいのかをはっきりさせておきましょう。

上へ戻る